菅原玄奨

プロフィール

1993年 東京都生まれ、2018年東京造形大学大学院造形研究科修士課程彫刻専攻修了。
近年の主な展覧会に、2021年「Superficial Sensation」(Gallery FOMO/台北)、「空の器-An Empty Vessel-」(MA2 GALLERY)、2020年「anonym」 (EUKARYOTE)。「テクスチャーと触覚性」をテーマに、FRPや粘土を主な素材とした彫刻作品を発表している。