徳永博子

徳永博子

プロフィール

長崎県生まれ。 福岡でグラフィックデザインを学んだのち、東京造形大学美術学部絵画科に入学し、ファインアートをを学ぶ。 「絵を描く」ことよりも「ものをつくる」ことの方が自分には合っていると感じ、自身の表現の可能性を探し、現在のアクリル板を細やかに削り出す現在の手法に至った。透明なアクリルの板にふわりと浮かび上がる精緻な模様。細やかな点と線の集まり。 ストロークの「集積」と、その重なりから「知覚」されるものを制作のコンセプトとしている。 近年、「始まり」を新たなテーマとし、従来の作品と並行してパフォーマンスや立体作品の制作にも注力しており、新たな展開を見せている。