大和 美緒

プロフィール

1990年滋賀生まれ。2015年京都造形芸術大学大学院 総合造形領域 修了。 現在、京都府を拠点に活動を行う。 油絵具を用いて細密に描かれたドットやペンで一本一本引いた線から構成されるRepetition (反復) シリーズを発展させる。具体的な完成イメージを持たず、純然とした動作の繰り返しの果てに立ち現れる画面は有機的で、時間の経過をキャンバスに内包しながら、身体性のリアリティも印象に残したイメージが紡がれる。 自然の摂理に従って木が一つ一つ年輪を重ねていくように、さまざまな素材と身体、行為を通して、崇高な自然の有り様やシステムを可視化することを試みる。 「白い空間に、赤い点を1つ描く。すると何もなかった空間は、意味を持った余白へ変化する。この点の存在を頼りに、新たな点を描く。そこには関係性が生まれ、余白の力もまた変化する。点は増殖し、まるで有機的なパズルのように、変化を受け入れながらゆっくりと形がつくられてゆく。私はこの1つの点に、魂の存在を託したい。かけがえのないひとつひとつの存在が、互いに影響を与え合い、現実世界を作っている。その姿を描きたい。」 近年の主な展覧会に「THREE JUBILEE COLLECTION 2021 コラボレーション BLAZING IN A SEA OF LOVE」(THREE AOYAMA、VISIONARIUM THREE SHIBUYA、2021)、コミッション「ホテルアンテルーム那覇」(メインエントランス、沖縄、2020)、「STEAM THINKING -未来を創るアート京都からの挑戦 国際アートコンペティション スタートアップ」展 (京都市京セラ美術館、京都、2020)、「project N 大和美緒」(東京オペラシティーアートギャラリー、東京、2019) など。