布施琳太郎

 布施琳太郎

プロフィール

1994年
東京都生まれ。
iPhoneの発売以降の都市において可能な「新しい孤独」を、情報技術や文学、そして洞窟壁画をはじめとした先史美術への綿密なリサーチに基づいた作品制作、展覧会企画、テキストの執筆などを通じて模索、発表している。
2017年
東京藝術大学美術学部絵画科(油画専攻) 卒業
2019年
東京藝術大学大学院映像研究科(メディア映像専攻)修了

個展

2022年
イヴの肉屋(SNOW Contemporary、東京)
2021年
すべて最初のラブソング(The 5th Floor、東京)
2021年
名前たちのキス(SNOW Contemporary、東京)
2019年
原料状態の孤独を、この(その)親指の腐敗へと特殊化する(BLOCK HOUSE、東京)
2016年
布施なき世界(アパートの自室、近隣の工事現場、ギャラリーなど)

主な展覧会企画

2022年
惑星ザムザ(製本工場跡地、東京)
2021年
沈黙のカテゴリー(クリエイティブセンター大阪)
2020年
隔離式濃厚接触室(ウェブページ)
2019年
The Walking Eye(横浜赤レンガ倉庫一号館、主催=アンスティチュ・フランセ)
2018年
ソラリスの酒場(The Cave/Bar333、横浜)
2017年
新しい孤独(コ本や、東京)
2016年
iphone mural(iPhoneの洞窟壁画)(BLOCK HOUSE、東京)

主な参加展覧会

2022年
身体イメージの創造——感染症時代に考える伝承・医療・アート(大阪大学総合学術博物館)
2021年
新しい成長の提起(東京藝術大学美術館)
2021年
ニュー・フラットランド(NTTインターコミュニケーションセンター[ICC]、東京)
2021年
Reborn-Art Festival 2021-22(宮城県石巻市荻浜の人工洞窟)
2021年
ディスディスプレイ(Calm&Pank Gallery、東京)
2021年
ヘテロゲニウスマルチコア(galleryMain、京都市)
2020年
パンドラバッテリー(IAF* Shop、福岡市)
2019年
野生復帰訓練(芸宿、金沢市)

パブリックコレクション

国際日本文化研究センター(「資料版:隔離式濃厚接触室」(2021))
東京藝術大学美術館(「自画像」(2017)、「新しい孤独」(2019))

レビュー

Sophie Arni 「Rintaro Fuse Curates “Silent Category”」(Global Art Daily)
椹木野衣「遠隔通信をめぐる社交と孤絶」(美術手帖2020年8月号)
藤田直哉「『主体』が変容し、成立しなくなった『芸術』の未来のために」(アートコレクターズ2020年7月号)
AKI INOMATA「つながりからの隔絶、機械への憧憬」(美術手帖)
仲山ひふみ「慣れることに慣れることを拒むこと──思弁的実存主義の3つの可能な形態について」(美術手帖)

インタビュー・対談

詩味礼讃 好詩家たちの対話(マーサ・ナカムラ+布施琳太郎、『望星』2022年4月号)
透明なものに近づくには、自分も透明にならなきゃいけない(話し手=渡邉洵、聞き手=布施琳太郎、編集=肥髙茉実、美術手帖)
美術の現場から聞く、ハラスメントのない組織運営の実践(話し手=田中東子、布施琳太郎、 CINRA.NET)
Rintaro Fuse on Selfies and Cave Painting(取材・執筆=Sophie Arni、Global Art Daily)
孤独が失われた社会で芸術を問う(取材・執筆=及位友美、創造都市横浜)

執筆したテキスト

2021

2021年の恋愛論(メール配信)
操作する/される、疎外、ふたつのひとり(展評「新・今日の作家展2021 日常の輪郭」美術手帖)
この手のなかに溶けゆく世界(セカイ系同人誌「Ferne」に寄稿)
剥離する顔、あるいはRetina Paintingというインターフェイス(メール配信)
ワンオクターブの息子たち(中編小説、非公開)
絵画鑑賞(小森紀綱の個展「生への誄詞」に寄稿)
いつまでも明け続ける夜のなかで(「現代詩手帖 2021年9月号 特集=人類学/詩/映像」思潮社)
Our Clock/Your Clock(匿名掲示板、限定公開)
真夏の雪解け水(HTML形式のラブレター、非公開)
アノードとカソード(「名前たちのキス」のために執筆した詩)
無菌室のなかで遊ぶ──2021年のマイクロポップ(展評「Try the Video-Drawing」美術手帖)
サイバーフェミニズムにおける歴史のfeed⇆back(展評「サイバーフェミニズム・インデックス」美術手帖)
ネットワークのなかのアナグラム試論(「LOOP 映像メディア学Vol.11」左右社)
ノイズリダクション(「現代詩手帖 2021年2月号 特集=現代詩、新しい風」思潮社)

2020

最高傑作の「フーアムアイ?」(Bound Baw)
恋と、アナグラムの唯物論(収録「美術手帖 2020年12月号」美術出版社)
都市のなかに死体を(展評「芸術競技」「Body is not Antibody」)
ベッドルームにおける「展示」の試み(収録「美術手帖 2020年10月号」美術出版社)
明滅する距離(収録:最果タヒ「一等星の詩」sou nice publishing)
世界を凍らせる言葉(シリーズ「around YOK」創造都市横浜)
不安の抗体としての、秘密の共有(シリーズ「コロナ禍と芸術」美術手帖)
高見澤峻介の個展によせて(CASHIでの個展会場にて頒布)
変質の方法(収録「LOOP 映像メディア学Vol.10」左右社)

2019

危険物としてのキャラクターの呼び声(展評「TOKYO 2021美術展『un/real engine──慰霊のエンジニアリング』」美術手帖)
すべての隔てられた身体のために(展評「STAYTUNED」美術手帖)
いま向き合うべきは歴史か、身体か(展評「しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像 1970年代から現在へ」美術手帖)
パラドックスのパロディ(展評「生きられた庭」美術手帖)
新しい孤独(「第16回芸術評論募集」美術手帖)

~2018

不気味なアルゴリズム(「ソラリスの酒場」ステートメント)
作品解説「世界の生成と消滅のparallax」(学部卒業制作と併せて提出)

受賞

2019年
第16回美術手帖芸術評論募集「新しい孤独」佳作入選
2019年
東京藝術大学美術館買い上げ賞(修了制作「新しい孤独」)
2015年
安宅賞