楠拓也

橘拓也

経歴

1987年
福岡県生まれ。
2010年
名古屋造形芸術大学美術学科洋画コース卒業
「家族」が自身に与えた影響を元に制作。

受賞歴/ 掲載歴

2022年
第18回世界絵画大賞展 入選
国際芸術コンペディションアートオリンピア2022 中部甲信越北陸地区特別賞

主な展示

2014年
国東半島芸術祭にStudio Kura として作品発表
2016年
「躍動する現代作家展」福岡アジア美術館

インタビュー

あなたにとって、美術 / 制作することとは何でしょうか。

私にとっての美術は「家族=人とのつながり」に内包されたものであり、それにおいての制作とは常に人であることを証明し続けていることであると考えています。

いつから美術に興味を持たれたのでしょうか。

絵を描くことは幼少の頃から行っていましたが、美術に興味を持ったのは2021年頃になります。

アートに限らず影響を受けたクリエイターはいますか。

ワタナベアニ(写真家)、前田真三(写真家)、森山未來

転機となった作品があれば教えてください。

特にありません。

今後、作家としてどのような活動の展開を考えていらっしゃいますか。
今後の展望や今挑戦されていることなどありましたら、お聞かせください。

個展開催やアートフェアへの参加を行います。挑戦していることは、国際芸術コンペディションのアートオリンピア2022で中部甲信越北陸地区特別賞を頂きましたので、今後もコンペには積極的に参加していきます。今後の展望としては、MEET YOUR ARTのPICK UPアーティストに選んで頂けるように、自分の信じた「家族」をモチーフに日々絵を描いていきたいと思います。